男性

不動産会社へマンション売却する前に相場を知ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションを売るために

アパート

マンションを売る前にマンション査定を依頼するのが一般的です。業者により同じ物件でも査定額が異なりますので、見積り査定の額は業者選びの参考資料にもなります。担当者と連絡を取り合って信頼出来る業者に任せましょう。

詳しく見る

マイホームの競売を避ける

お札

住宅ローンの返済を滞納していると、やがて家が競売にかけられることになります。しかし市場価格よりも安くなり、借金を完済できない場合もあります。大阪の任意売却専門業者を利用すれば、損失を最低限に抑えられます。

詳しく見る

初期費用を抑える方法

お金

賃貸アパートなどに入鋏する場合、初期費用の1つとしてあるのが仲介手数料である。最近では、仲介手数料無料とする物件や業者も増えてきており、これらを活用することで、初期費用を抑えながら物件に入居できるメリットがある。

詳しく見る

住宅売却の参考金額とは

集合住宅

マンション売却を行うにあたり、複数の仲介業者に見積もりを依頼することになります。その際には周辺相場を参考にした金額提示がされますが、その差はけっこう広いものです。実はマンション売却における相場金額とは、取引実績を元にしているので業者によって異なるのは当然ということです。例えば一般的に開示されている取引事例に対して、それよりも高い単価で売却している業者があれば、相場金額は高めに設定しているわけです。さらにマンション売却を検討している物件自体の状況によっても、相場金額をどの程度反映させることができるのかは異なります。その点を考慮して、周辺相場というものを理解する必要があります。ただし買い替えなどにおける目安としては参考になります。

マンション売却の周辺相場は、買い替えを検討する際には参考になるものです。それよりも高い金額で売却できる営業力を持った仲介業者を選べば良いので、とりあえずどれほどの金額で売れるのか目安にはなります。この目安が立たなければ、次の物件の購入予算を決めることができないからです。もちろん、年間を通して不動産が動く時期と動かない時期はあります。不動産が動かない夏のお盆あたりは、周辺相場よりも低い金額で売却されることもあります。逆に年度末の最も不動産が動く時給ならば予想以上の高値が付くこともあるわけです。このような季節的な条件を加味することでも、周辺相場よりもさらに有利な条件で売却することが可能となります。